腸内環境,睡眠

黒汁 (KUROJIRU)ブラッククレンズの本当の効果は?口コミの評判は?

腸内環境と睡眠の驚くべき関係性とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

最近よく眠れていますか?

 

寝ても寝ても疲れが取れない、嗣明不足が続くなどというお悩みを抱えている方はもしかしたら腸内環境が悪くなっている可能性があります。

 

人の腸内には、何千兆という数の腸内細菌が住んでいます。

 

細菌の塊を腸内フローラと言い、腸内環境を整えるためにはこの腸内フローラに気を使う事が大切とされています。

 

今回は、そんな腸内環境と睡眠との関係とは一体どういったものなのか、まとめていきたいとおもいます。

 

人の睡眠に関わるメラトニン

メラトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれており、睡眠の質に密接に関わっています。

 

主に睡眠時に多く分泌され、メラトニンの分泌が増えると眠気を感じるようになります。

 

そして、朝目覚めた頃に分泌が抑えられるようになっています。

 

このメラトニンの分泌が少ないと睡眠不足になったりするわけですね。

 

このメラトニンは、アミノ酸のひとつであるトリプトファンが基になって生成されています。

 

体内に入ったトリプトファンが脳内へ運ばれてセロトニンに変えられ、そこからメラトニンへと変換されるというメカニズムです。

 

メラトニンを増やすためには、腸内環境を整えよりトリプトファンを体内に取り入れやすくする事が重要です。

 

自律神経と睡眠

自立神経には、起きている時に感じるストレスなどで活発化する交感神経と、睡眠時に活発に働く副交感神経の2つがあります。

 

この自律神経は、バランスが乱れると体調を崩したり精神的に不安定になったりし、体に及ぼす影響は計り知れません。

 

睡眠時にも大いに影響を及ぼし、副交感神経がしっかりと働いていないと睡眠不足や疲れが取れないなどの症状がでてきます。

 

自律神経が乱れるのは、ストレスや食事の乱れもありますが、腸内環境の悪化も大きな原因の一つになります。

 

腸内環境が乱れていると、睡眠の質を高めるメラトニンを作るためのセロトニンの生成が出来にくくなってしまいます

 

リラックスをするためのホルモンでもあるセロトニンの分泌が少なくなってしまうため、自律神経が乱れやすくなるのです。

 

腸内環境を整える

腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が存在します。

 

そして、この3種類の腸内細菌のバランスは、2:1:7がベストと言われています。

 

便秘や下痢が多いと言う方は、このバランスがうまく働いていない状態といえるわけですね。

 

また、睡眠の悩みを抱える方の多くは便秘という研究結果もあります。

 

善玉菌には、便秘や下痢を治して腸内環境を整えるだけではなく、睡眠の質を高めたり睡眠誘導物質の分泌を促進する効果があります。

 

日和見菌は、善玉にも悪玉にも変わっていく細菌なので、この日和見菌を善玉菌の味方に付けていく事がポイントでもあります。

 

善玉菌を増やすためには、乳酸菌やビフィズス菌などや食物繊維オリゴ糖などを積極的に取り入れていきましょう。

 

乳製品の他に、海藻類や根菜にも多く含まれているので、割と手軽に食べる事が出来ますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

日頃、睡眠のお悩みを抱えている方は、一度腸内環境を見直してみるといいかもしれません。

 

便秘や下痢だけでなく、質のいい睡眠が取れるようになりますよ。

 

>>腸内環境を改善する食事とは?簡単に実践できる3つのポイント

 

 

 

この記事に関連する記事一覧