腸内環境,改善,食事

黒汁 (KUROJIRU)ブラッククレンズの本当の効果は?口コミの評判は?

腸内環境を改善する食事とは?簡単に実践できる3つのポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

腸内環境を整えることは、便秘の解消や、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルの改善などにつながるということはよく知られていますよね。

 

逆に腸内の細菌のバランスが崩れ、腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増加したり大腸の病気になるリスクが高まったりしてしまいます。

 

体の中心にあって食べ物を消化するメインの器官である大腸の機能低下は、他の臓器にも影響を及ぼすこともあり、腸内環境を整えることは体全体の健康をサポートするためにも大切と言えます。

 

そこで、腸内環境を改善するために有効なアプローチの一つとして、整腸作用の高い食事方法をご紹介したいと思います!

 

善玉菌を増やす

まずは、毎日の食事の中にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を含んだ食品を組み込むよう心掛けましょう

 

乳酸菌といえばヨーグルトやキムチ・納豆などの発酵食品に豊富に含まれていますので、手軽に始めやすいですよね。

 

特にヨーグルトにはビフィズス菌を含むタイプのものがあり、高い整腸作用が期待できます。

 

また、ビフィズス菌や乳酸菌にはたくさんの種類が存在し、それぞれ働きが異なります。

 

そのため、一つの食材や食品を食べ続けるのではなく、様々な種類のビフィズス菌・乳酸菌を摂取できるように意識するのが注意点と言えるでしょう。

 

糖類や食物繊維を含んだ食品を一緒に摂る

ヨーグルトや発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれていますが、その菌が活発に活動するためのエネルギーとなる成分が糖や食物繊維なんです。

 

特にオリゴ糖は大腸まで届くので効果的です。

 

ダイエット中だからプレーンヨーグルトを選びたいという方もいるかと思いますが、少しオリゴ糖を加えて食べるとヨーグルトの整腸作用が高まります。

 

また玉ねぎやアスパラガス、はちみつ、味噌や醤油などにもオリゴ糖は含まれています。

 

食品から摂取した善玉菌だけでなく、もともと体内にいる善玉菌を増やすためにも、エサとなる糖や食物繊維を意識して摂ることが大切です

 

2種類の食物繊維を摂取する

食物繊維には水溶性と不溶性という2つのタイプがあります。それぞれ働きが異なるので、両方摂取すると効果が高まります

 

水溶性食物繊維は腸内で発酵し、善玉菌のエサとなります。海藻やサトイモなどに多く含まれていて、固くなった便を柔らかくする効果もあり便秘解消にも役立ちます。

 

不溶性食物繊維はきのこや大豆、根菜に多く含まれます。腸内で水分を吸収してふくらみ、腸を刺激し活発化してくれます。

 

まとめ

腸内環境を整える食事について、3つのポイントをご紹介しましたがいかがでしたか?

 

毎日の食事にビフィズス菌や乳酸菌、糖や食物繊維を意識して組み込むだけで、腸内環境の改善に役立つんです

 

逆に腸内環境を悪化させるのは肉類ばかり食べること。肉類にはたんぱく質などの栄養が豊富に含まれていますが、そればかり食べていては悪玉菌が増えてしまいます。

 

また腸が元気に活動できなければ便秘などのトラブルにつながってしまうので、生活リズムを整え腸を疲れさせないことも大切です。

 

>>腸内環境と睡眠の驚くべき関係性とは?

 

 

 

この記事に関連する記事一覧