フレッシュプロテインスムージー

KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズの口コミの効果、評判は?

KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズの口コミでの効果、評判はどうなのでしょうか?KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズの効果は、口コミではどのように書かれているのか調べてみました。

KUROJIRU(黒汁)の飲み方とより効果をあげる方法をご紹介

読了までの目安時間:約 6分

 

レイザーラモンHGさんの奥様でもあり、美容関連の実業家としても実績のある住谷杏奈さん完全プロデュースで話題になったKUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズ。

 

海外セレブの間で人気のクレンズダイエットに注目し開発されたこの商品、色を見るとわかりますが炭を使った真っ黒なドリンクになっています。

 

ヤシ殻活性炭、赤松活性炭、炭末活性炭の3種類の炭が毒素や油を吸着し、9種類の美容成分に2種類の乳酸菌が体内環境を正しく整えてくれダイエットのサポートをしてくれます。

 

ドリンクなので簡単に飲む事が出来ますが、よりKUROJIRU(黒汁)の効果をあげる飲み方をご存知ですか?

 

今回はおすすめの飲み方と効果をあげる方法をお伝えしたいと思います。

 

基本的な飲み方とアレンジ方法

KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズは粉末状になっています。

 

基本的には、KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズ一包を水100mlに溶かして飲みます。

 

この飲み方ですと、カロリーは11.4カロリーになります。

 

しかし、毎日水に溶かすだけでは飽きてしまいますよね。

 

そこで美味しく飲めるアレンジ方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

牛乳で割る

定番で割って飲むのもおすすめの方法です。

 

割り方は簡単。先程の水を牛乳に変えて割るだけです。

 

100mlの牛乳にKUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズを割ると、カロリーは80.4カロリーになります。

 

ヨーグルトで割る

ドリンクとして飲む事に飽きたら、ヨーグルトで割ってみましょう。

 

ヨーグルト100mlにKUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズを振りかけて食べます。

 

この場合のカロリーは、ヨーグルトの種類やメーカーにより変わってきます。

 

大体100mlが105g程度ですので、この場合ヨーグルトのみのカロリーが約70カロリーになります。

 

KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズと合わせると約81.4カロリー程度ですね。

 

低カロリーのフルーツを入れてみたりしても美味しいですよ。

 

基本は水で割りますが、飽きてしまっては続きませんので楽しみみながら続けられる方法を色々探してみてくださいね。

 

ダイエット効果を高める方法

次は、KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズの効果をより高める方法です。

 

KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズは、飲む事でダイエットしやすい体を作り、毒素など不要な成分を排出してくれるサポートドリンクです。

 

成人女性の場合、年齢・身長・体重・運動量によって個人差がありますが、約1700~19000カロリー前後が一日の平均消費カロリーとされています。

 

この消費カロリーより摂取カロリーが多いと、いくら頑張ってもダイエットは成功しません。

 

摂取カロリー<消費カロリーになるように心がけて食事を摂る事が大切です。

 

食事を3食きっちり食べてKUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズを飲むと、食事の分のカロリーが多く取り込まれてしまいますね。

 

そこで、ダイエット中は1食分をKUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズに置き換えてみましょう。

 

1日の内の1食をKUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズに置き換える事で一日の摂取カロリーがぐっと減り、ダイエットがはかどりますよ。

 

慣れるまでは空腹感がありますが、残りの2食をしっかりと食べ栄養バランスに気を付けてみましょう。

 

夕食に置き換えると、夜寝る前にお腹がすいてしまうかもしれません。

 

初めての人は朝やお昼に置き換えをして、夕食は魚や肉、野菜を中心としたヘルシーな食事を摂るようにすると継続しやすいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

置き換えダイエットは、慣れるまでが辛い方法でもあります。

 

リバウンドせずきれいに痩せるためには、運動に食事内容の見直しが不可欠です。

 

炭水化物中心の食事をしていた方はここで一度体の中をリセットし、摂取カロリーも見直してみましょう。

 

KUROJIRU(黒汁ブラッククレンズ)は体内の毒素を排出し、必要な栄養素もカバーしつつダイエットを進めるための強い味方になってくれますよ。

 

基本的な飲み方を抑えつつ、飽きないように色々アレンジしてみてくださいね。

 

>>KUROJIRU(黒汁)ブラッククレンズの公式サイトはこちら

 

この記事に関連する記事一覧