チャコールクレンズ,デメリット

黒汁 (KUROJIRU)ブラッククレンズの本当の効果は?口コミの評判は?

チャコールクレンズの2つのデメリットをご紹介

読了までの目安時間:約 5分

 

海外セレブの間で話題になり、日本国内でもジワジワと人気を集めているチャコールクレンズ。

 

効果があるならぜひ試してみたいという方も多いですよね。

 

チャコールクレンズを試すにあたって、知っておきたいのがチャコールクレンズのデメリットについてです。

 

ここでは、チャコールクレンズの気になるデメリットについてまとめてみたいと思います。

 

チャコールクレンズのデメリット① リバウンド

これは、チャコールクレンズに限った話ではありませんが、ダイエットの天敵でもあるリバウンドはデメリットの一つです。

 

ダイエットは、まず体重を落としたいという所から始まる事が多いと思います。

 

そのため、置き換えダイエットや断食など色々な方法で食事を減らしている方も多いですよね。

 

しかし、その方法だけでダイエットをしていると辞めた時にほぼリバウンドします。

 

食べないのですから、その分摂取カロリーは減り、体重は一時的にすっと落ちます。

 

しかし、その減った分の体重は脂肪ではなく基本的には水分です。

 

一時的に水分が抜けて落ちた体重は、置き換えや断食を辞めたら必ず戻ります。

 

チャコールクレンズも同様で、これだけで何キロも落としたいというのは無理があります。

 

リバウンドを防ぐためには、運動を取り入れる事。

 

有酸素運動と軽い筋トレを取り入れることで、脂肪が燃焼されて体が締まっていくのです。

 

ハードなトレーニングでなくてもいいので、毎日続けられるような手軽な運動をするといいでしょう。

 

食事を摂ってもそのカロリーをエネルギーに変換する力をより高め基礎代謝をあげていけば、毎日生活しているだけでより高いカロリー消費が行われます。

 

太りにくい体を作りながら摂取カロリーを調節していく事がダイエットを成功させる秘訣です

 

チャコールクレンズのデメリット② 偏る栄養素

置き換えでチャコールダイエットをしていると、これだけで毒素が抜けて体にいいと思われる方もいるかもしれません。

 

確かに、活性炭はデトックス効果が高く有害物質を排出してくれるのですが、実は有益なビタミンなども多少体内から抜けてしまうのです。

 

まして置き換えをしていた場合は一食がチャコールになっているので、一日に摂取する栄養素は普段の食事よりだいぶ減っている状態です。

 

体内でエネルギーを作ったり、脂肪を燃焼させるための栄養素がなくなってしまってはダイエットはうまくいきません。

 

摂取カロリーを減らしたい時も、食事の量を減らしてしまうので必要な栄養素が摂りきれていない事があります。

 

そこで気を付けていくのが。置き換えをしていない2食の食事内容です。

 

ここで、良質なタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを積極的に摂るようにしましょう

 

もしカロリーが気になって食べる事に躊躇してしまう場合は、決めたカロリー内で補える栄養素を食事から摂り、足りない分はサプリなどで補うようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ダイエットをしっかりと成功させるには、摂取カロリー<<消費カロリーの図式とバランスの良い食事、運動が大切になります。

 

>>チャコールクレンズの効果をまとめてご紹介

 

この記事に関連する記事一覧