KUROJIRU

黒汁 (KUROJIRU)ブラッククレンズの本当の効果は?口コミの評判は?

腸内環境を改善する食事とは?簡単に実践できる3つのポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

腸内環境を整えることは、便秘の解消や、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルの改善などにつながるということはよく知られていますよね。

 

逆に腸内の細菌のバランスが崩れ、腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増加したり大腸の病気になるリスクが高まったりしてしまいます。

 

体の中心にあって食べ物を消化するメインの器官である大腸の機能低下は、他の臓器にも影響を及ぼすこともあり、腸内環境を整えることは体全体の健康をサポートするためにも大切と言えます。

 

そこで、腸内環境を改善するために有効なアプローチの一つとして、整腸作用の高い食事方法をご紹介したいと思います!

 

善玉菌を増やす

まずは、毎日の食事の中にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を含んだ食品を組み込むよう心掛けましょう

 

乳酸菌といえばヨーグルトやキムチ・納豆などの発酵食品に豊富に含まれていますので、手軽に始めやすいですよね。

 

特にヨーグルトにはビフィズス菌を含むタイプのものがあり、高い整腸作用が期待できます。

 

また、ビフィズス菌や乳酸菌にはたくさんの種類が存在し、それぞれ働きが異なります。

 

そのため、一つの食材や食品を食べ続けるのではなく、様々な種類のビフィズス菌・乳酸菌を摂取できるように意識するのが注意点と言えるでしょう。

 

糖類や食物繊維を含んだ食品を一緒に摂る

ヨーグルトや発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれていますが、その菌が活発に活動するためのエネルギーとなる成分が糖や食物繊維なんです。

 

特にオリゴ糖は大腸まで届くので効果的です。

 

ダイエット中だからプレーンヨーグルトを選びたいという方もいるかと思いますが、少しオリゴ糖を加えて食べるとヨーグルトの整腸作用が高まります。

 

また玉ねぎやアスパラガス、はちみつ、味噌や醤油などにもオリゴ糖は含まれています。

 

食品から摂取した善玉菌だけでなく、もともと体内にいる善玉菌を増やすためにも、エサとなる糖や食物繊維を意識して摂ることが大切です

 

2種類の食物繊維を摂取する

食物繊維には水溶性と不溶性という2つのタイプがあります。それぞれ働きが異なるので、両方摂取すると効果が高まります

 

水溶性食物繊維は腸内で発酵し、善玉菌のエサとなります。海藻やサトイモなどに多く含まれていて、固くなった便を柔らかくする効果もあり便秘解消にも役立ちます。

 

不溶性食物繊維はきのこや大豆、根菜に多く含まれます。腸内で水分を吸収してふくらみ、腸を刺激し活発化してくれます。

 

まとめ

腸内環境を整える食事について、3つのポイントをご紹介しましたがいかがでしたか?

 

毎日の食事にビフィズス菌や乳酸菌、糖や食物繊維を意識して組み込むだけで、腸内環境の改善に役立つんです

 

逆に腸内環境を悪化させるのは肉類ばかり食べること。肉類にはたんぱく質などの栄養が豊富に含まれていますが、そればかり食べていては悪玉菌が増えてしまいます。

 

また腸が元気に活動できなければ便秘などのトラブルにつながってしまうので、生活リズムを整え腸を疲れさせないことも大切です。

 

>>腸内環境と睡眠の驚くべき関係性とは?

 

 

チャコールクレンズの2つのデメリットをご紹介

読了までの目安時間:約 5分

 

海外セレブの間で話題になり、日本国内でもジワジワと人気を集めているチャコールクレンズ。

 

効果があるならぜひ試してみたいという方も多いですよね。

 

チャコールクレンズを試すにあたって、知っておきたいのがチャコールクレンズのデメリットについてです。

 

ここでは、チャコールクレンズの気になるデメリットについてまとめてみたいと思います。

 

チャコールクレンズのデメリット① リバウンド

これは、チャコールクレンズに限った話ではありませんが、ダイエットの天敵でもあるリバウンドはデメリットの一つです。

 

ダイエットは、まず体重を落としたいという所から始まる事が多いと思います。

 

そのため、置き換えダイエットや断食など色々な方法で食事を減らしている方も多いですよね。

 

しかし、その方法だけでダイエットをしていると辞めた時にほぼリバウンドします。

 

食べないのですから、その分摂取カロリーは減り、体重は一時的にすっと落ちます。

 

しかし、その減った分の体重は脂肪ではなく基本的には水分です。

 

一時的に水分が抜けて落ちた体重は、置き換えや断食を辞めたら必ず戻ります。

 

チャコールクレンズも同様で、これだけで何キロも落としたいというのは無理があります。

 

リバウンドを防ぐためには、運動を取り入れる事。

 

有酸素運動と軽い筋トレを取り入れることで、脂肪が燃焼されて体が締まっていくのです。

 

ハードなトレーニングでなくてもいいので、毎日続けられるような手軽な運動をするといいでしょう。

 

食事を摂ってもそのカロリーをエネルギーに変換する力をより高め基礎代謝をあげていけば、毎日生活しているだけでより高いカロリー消費が行われます。

 

太りにくい体を作りながら摂取カロリーを調節していく事がダイエットを成功させる秘訣です

 

チャコールクレンズのデメリット② 偏る栄養素

置き換えでチャコールダイエットをしていると、これだけで毒素が抜けて体にいいと思われる方もいるかもしれません。

 

確かに、活性炭はデトックス効果が高く有害物質を排出してくれるのですが、実は有益なビタミンなども多少体内から抜けてしまうのです。

 

まして置き換えをしていた場合は一食がチャコールになっているので、一日に摂取する栄養素は普段の食事よりだいぶ減っている状態です。

 

体内でエネルギーを作ったり、脂肪を燃焼させるための栄養素がなくなってしまってはダイエットはうまくいきません。

 

摂取カロリーを減らしたい時も、食事の量を減らしてしまうので必要な栄養素が摂りきれていない事があります。

 

そこで気を付けていくのが。置き換えをしていない2食の食事内容です。

 

ここで、良質なタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを積極的に摂るようにしましょう

 

もしカロリーが気になって食べる事に躊躇してしまう場合は、決めたカロリー内で補える栄養素を食事から摂り、足りない分はサプリなどで補うようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ダイエットをしっかりと成功させるには、摂取カロリー<<消費カロリーの図式とバランスの良い食事、運動が大切になります。

 

>>チャコールクレンズの効果をまとめてご紹介

腸内環境と睡眠の驚くべき関係性とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

最近よく眠れていますか?

 

寝ても寝ても疲れが取れない、嗣明不足が続くなどというお悩みを抱えている方はもしかしたら腸内環境が悪くなっている可能性があります。

 

人の腸内には、何千兆という数の腸内細菌が住んでいます。

 

細菌の塊を腸内フローラと言い、腸内環境を整えるためにはこの腸内フローラに気を使う事が大切とされています。

 

今回は、そんな腸内環境と睡眠との関係とは一体どういったものなのか、まとめていきたいとおもいます。

 

人の睡眠に関わるメラトニン

メラトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれており、睡眠の質に密接に関わっています。

 

主に睡眠時に多く分泌され、メラトニンの分泌が増えると眠気を感じるようになります。

 

そして、朝目覚めた頃に分泌が抑えられるようになっています。

 

このメラトニンの分泌が少ないと睡眠不足になったりするわけですね。

 

このメラトニンは、アミノ酸のひとつであるトリプトファンが基になって生成されています。

 

体内に入ったトリプトファンが脳内へ運ばれてセロトニンに変えられ、そこからメラトニンへと変換されるというメカニズムです。

 

メラトニンを増やすためには、腸内環境を整えよりトリプトファンを体内に取り入れやすくする事が重要です。

 

自律神経と睡眠

自立神経には、起きている時に感じるストレスなどで活発化する交感神経と、睡眠時に活発に働く副交感神経の2つがあります。

 

この自律神経は、バランスが乱れると体調を崩したり精神的に不安定になったりし、体に及ぼす影響は計り知れません。

 

睡眠時にも大いに影響を及ぼし、副交感神経がしっかりと働いていないと睡眠不足や疲れが取れないなどの症状がでてきます。

 

自律神経が乱れるのは、ストレスや食事の乱れもありますが、腸内環境の悪化も大きな原因の一つになります。

 

腸内環境が乱れていると、睡眠の質を高めるメラトニンを作るためのセロトニンの生成が出来にくくなってしまいます

 

リラックスをするためのホルモンでもあるセロトニンの分泌が少なくなってしまうため、自律神経が乱れやすくなるのです。

 

腸内環境を整える

腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が存在します。

 

そして、この3種類の腸内細菌のバランスは、2:1:7がベストと言われています。

 

便秘や下痢が多いと言う方は、このバランスがうまく働いていない状態といえるわけですね。

 

また、睡眠の悩みを抱える方の多くは便秘という研究結果もあります。

 

善玉菌には、便秘や下痢を治して腸内環境を整えるだけではなく、睡眠の質を高めたり睡眠誘導物質の分泌を促進する効果があります。

 

日和見菌は、善玉にも悪玉にも変わっていく細菌なので、この日和見菌を善玉菌の味方に付けていく事がポイントでもあります。

 

善玉菌を増やすためには、乳酸菌やビフィズス菌などや食物繊維オリゴ糖などを積極的に取り入れていきましょう。

 

乳製品の他に、海藻類や根菜にも多く含まれているので、割と手軽に食べる事が出来ますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

日頃、睡眠のお悩みを抱えている方は、一度腸内環境を見直してみるといいかもしれません。

 

便秘や下痢だけでなく、質のいい睡眠が取れるようになりますよ。

 

>>腸内環境を改善する食事とは?簡単に実践できる3つのポイント

 

 

間食しない習慣を身に着けるための4つのポイント

読了までの目安時間:約 5分

 

間食をやめたいんだけど、誘惑に勝てない…?間食したい気持ち、よく分かります!

 

でも、ダイエット中は特に間食は控えたいものですよね。例えそれがフルーツ一切れでも、「果糖」という糖分を摂取していることに変わりはないのですから。

 

オフィスでおやつタイムがあったりお子さんがいたりすると間食しないというのは中々難しいように思えるかもしれません。

 

間食をやめるヒントは、「間食しない習慣」を身に身につけることです。間食しないことを習慣化してしまえば、そもそも「食べたい」という欲求がわいてこなくなるのです。

 

どのようにして間食しない習慣を作っていくか、ポイントをご紹介します!

 

習慣化するには3か月必要

朝起きる時間が一定だったり、考えなくても顔を洗って歯を磨いて…という順番がいつも同じだったりしませんか?人間の行動の40%は、「習慣」から来るものだと言われています。

 

良い習慣だろうと悪い習慣だろうと、脳は「いつもと同じ行動」を好みます。

 

間食が日常化しているならそれも「習慣」となり、実際にはお腹が空いていなくても「間食はやめなきゃ」と心に誓っていても、脳が「何か食べたい」という信号を送ってしまうのです。

 

「間食しない」という新たな習慣を脳に覚えさせるまで、3か月程かかると言われています。

 

「間食をやめよう」と思うだけでは誘惑に負けてしまうのも当然。3か月間、誘惑に打ち勝ち続けるための具体的な対策が必要です。

 

間食が起きない状況を作る

間食をしてしまうのはどんな時でしょうか?

 

帰り道についコンビニに寄ってしまう。買い物のついでにお菓子を買ってしまう。特に理由は無いけど、家にいるとお菓子に手が伸びてしまう。などなど。

 

間食をしてしまう状況は人それぞれだと思います。そのため自分に合った対策を練ることが大切です。

 

コンビニの無い道を選ぶ、買い物リスト以外の物は買わない(お金も持ち歩かない!)、家にお菓子を置かない…。

 

物理的に間食しないような状況を作りましょう

 

間食に代わる習慣を身に着ける

間食してしまうのはストレスなどの心理的要因がある場合もあります。

 

そんな時は、食べること以外でストレスを解消できる別の習慣を身に着けるのが効果的です

 

例えばお風呂にゆっくり入るとか、マッサージする、休日に身体を動かすなど、好みに合ったストレス解消法を間食の代わりにするのです。

 

「間食しないこと」を目標化する

ダイエットのために間食をやめたいと思っているなら、「5kg減!」などの目標を立てているかもしれませんね。

 

それは素晴らしい事なのですが、例えば2か月程でその目標を達成した場合、ダイエット前の「間食する習慣」が戻ってしまう恐れがあります。

 

間食しない習慣を身に着けるまでは、「3か月間食しない」などの目標を立てましょう。間食しなかった日はカレンダーに印をつけるなど、可視化することも効果的です。

 

まとめ

間食しない習慣の身に着けるためのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

これまで毎日のように間食をしていたのなら、突然辞めるのは大変かもしれません。

 

でも一度間食しないことに慣れてしまえば、食べたい気持ちも起きなくなるし、ダラダラ食いが無くなりダイエットがスムーズになるはずです!

 

ご紹介したようなポイントを抑えながら、間食しない習慣を作っていきましょう!

 

もしそれでも間食してしまうのであれば、 黒汁 (KUROJIRU)ブラッククレンズという置き換えダイエットを試してみるのもいいですよ。

ジム通いが続かないのは理由がある!続かない人のあるある5選

読了までの目安時間:約 5分

 

ダイエットや筋トレのために一念発起し、「よし、ジムに通おう!」と張り切って入会したものの、続かない…。

 

そんな挫折の繰り返しで悩んでいませんか?

 

ジム通いが続かないのはあなたが怠け者だからではありません!モチベーションを保ってジムに通い続けるにはちょっとしたコツがあるのです。

 

会員費の安いジムが増えてきたとはいえ、お金も時間も無駄にはしたくないですよね。ここではジム通いが続かない理由をご紹介いたします!

 

ジムが遠い、通いにくい場所にある

雨の日や休日、わざわざ外出するのメンドクサイな…。残業で疲れたから動きたくない…。そんな「行けるけど、なんとなく行きたくない」気持ちの時、ありますよね。

 

そんな時にジムが家から遠かったり、バスや電車など乗り継いで行かなければいけない場所にあったりすると、「今日はやめておこう」という結論に至りやすくなります

 

そのままズルズルと足が遠のき、辞めてしまうことになるのです。

 

メニューを詰め込みすぎる

今まで特に運動などをしていなかったなら、突然あれもこれもとマシンを使ったり何時間もジョギングをしたりするのは逆効果です。

 

最初の1日目は達成感で気持ちいいかもしれませんが、そんな「詰め込みメニュー」をジムに行く度にするのは非現実的です。慣れない運動にカラダがついていかず、ケガをする可能性もあります。

 

疲れや筋肉痛で、翌日にはジムに行きたくなくなるでしょう。

 

結果を急ぎすぎる

1か月で10kg減とか、ダイエットドリンクの広告のような数値を目標にするときっと挫折します。

 

ジムでの運動だけで体重を落とすには時間がかかります。専属トレーナーでもつけない限り、食事も含めどうすれば効率的にトレーニングできるかを把握するだけでも時間がかかるでしょう。

 

それなのに「ジムに通い始めて1か月経つけど、何も変わらない…」と落胆してしまって、「自分にはジムは合わない」と結論付けてしまうのです。

 

目標が高すぎる

まだジムに慣れないうちから、「毎日通う」「○kg落とす」「筋肉をつける」などと意気込んでしまうと続かない場合が多いようです。

 

立派な目標を掲げてみたものの、「今日はプロテインを持ってないから」とか、「この時間は混むから」とか言い訳を見つけてサボってしまい、結局目標を達成しないままフェードアウトしてしまうのです。

 

他人の目が気になる

ジムは不特定多数の会員が色んな目的で通う場所です。スリムで引き締まったメリハリボディを持った人もいるでしょうし、長時間ランニングや高負荷で筋トレができる人もたくさんいるでしょう。

 

器材とかよく知らないのに、そんな人たちの中に混ざってトレーニングするの恥ずかしい…。他の人みたいなオシャレなウェアを揃えなきゃ…。

 

そんな風に他人の目を気にしてしまうと、いつの間にかジムに通うことがストレスになってしまうでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?あなたがジムを続けられない理由、思い当たる項目はあったでしょうか?

 

ジム通いを続けるコツは、まず通いやすいジムを選ぶこと。そして、自分を追い込みすぎず、他人を気にしない事です!

 

トレーニングの悩みがあればスタッフに相談したり、気になるスタジオワークがあれば参加したりして、具体的な目標を掲げる前にまずは「とにかくジムに行って体を動かすこと」を習慣づけましょう!

 

>>痩せづらい時期を知って計画的に効率的なダイエットをする方法

チャコールクレンズの効果をまとめてご紹介

読了までの目安時間:約 5分

 

海外セレブやモデルの間で話題となり今じわじわと人気を集めている新しいダイエット方法、チャコールクレンズをご存知ですか?

 

洋服でもよくチャコールグレーなどの色があるのでイメージできる方も多いと思いますが、チャコールは日本語で炭・木炭の意味を持ちます。

 

そして、クレンズはCleanesと書き、洗浄や綺麗にするといった意味があります。

 

その炭を使って、体内から綺麗になろう!というのがチャコールクレンズです。

 

色が黒いので不安になるかもしれませんが、食用の活性炭を用いていますのでお口に入れても安心ですよ。

 

今回は、そんなチャコールクレンズの効果についてまとめてご紹介したいと思います。

 

デトックス

活性炭であるチャコールには、老廃物を排出する作用があります。

 

人の体は日常生活と食事などから、不要な油・有害物質・添加物などが溜まっていきます。

 

ある程度は自然に排出されますが、それでも毒素は残っている状態があります。

 

油っこい物が好きな方や、外食が多い方、便秘がちな方は特に老廃物が溜まっている可能性がありますね。

 

そこで活性炭のパワーが役に立つのです。

 

活性炭には、体内の毒素を吸着する効果があります。

 

吸着した毒素は便や尿などから排出されていくので、便通も良くなり無理せずに痩せやすい体が作られていくのです。

 

基礎代謝の向上

基礎代謝とは、人が生きているだけで消費されるカロリーの事を言います。

 

呼吸や心臓の動きや内臓の動き全てが、この基礎代謝を消費しながら行われています。

 

何もしていなくても消費されるカロリーですから、この基礎代謝が高いほど痩せやすいのです。

 

そして、この基礎代謝の数値には個人差があり、低い人は何もしなければいつまでも痩せにくい体のままになってしまいます。

 

活性炭が体内に入り老廃物を排出する事によって、体内のエネルギーがより活発に活動すると言われています。

 

内臓の動きを鈍らせていた毒素や老廃物がなくなる事で、血流や体温が上がり、基礎代謝も向上していくというわけですね。

 

美肌

体内に毒素が溜まり基礎代謝が低くなると、お肌にも影響が出てきます。

 

くすみやしわや肌荒れなど、トラブルが起こりやすい状態を作ってしまうのです。

 

ビタミンやミネラルを摂る事もとても有効ですが、体内から美肌を妨げる原因を取り除いていけたらよりいいですよね。

 

活性炭を摂取する事で体内環境がよくなり、肌のターンオーバーが進みます

 

血流も良くなるので、肌にツヤやハリも現れてきますよ。

 

消臭

お腹の調子や食べたものによっても便の臭いは変わってきますが、基本的に嫌な臭いと感じる方は多いでしょう。

 

活性炭はガスや腸内の毒素にも反応し吸着して消臭してくれるため、この嫌な臭いを抑える作用があります。

 

冷蔵庫などにも炭を入れると消臭する効果がありますよね。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

真っ黒なので見た目は美味しそうに見えないかもしれませんが、実はチャコール(活性炭)にはダイエットの味方となる効果がたくさんあるのです。

 

デトックスをして体内環境を整えると、基礎代謝量もあがりリバウンドしずらく太りくい体を手身入れる事が出来ますよ。

 

>>チャコールクレンズの2つのデメリットをご紹介

リバウンドの原因はなに?リバウンドをさせない3つのコツ

読了までの目安時間:約 6分

 

ダイエットにつきものの悩みと言えばリバウンドですよね。

 

ダイエットを何度も繰り返している人は、同じ分だけリバウンドをしていることになります。

 

せっかく痩せても、原因もわからずにリバウンドをすると、それまで続けてきたダイエットを投げ出してしまいたくなりませんか?

 

今回はリバウンドをする原因は何か、どうしたらリバウンドをしないで済むのかを紹介していきます。

 

今まで悩んできた人は、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

 

リバウンドって何が原因で起きるの?

数多くのダイエットがある中で、最もリバウンドが起きやすいのは「短期集中型ダイエット」です。

 

ダイエットはそもそも短期で行うものではなく、ゆっくりと長い時間をかけて行うものです。

 

しかし、食事制限や運動など、つらく苦しい期間は出来るだけ短くしたいですよね。もちろん一日も早く痩せたいという女性の心理もあります。

 

そのため、短期集中型ダイエットに励む人はとても多いんです。

 

人間の身体は、急激に体重を落とすとやがて停滞期を迎えます。停滞期とは、今まで落ちていた体重が急に落ちなくなり、ダイエットのやる気を根こそぎ奪っていく現象のことです。

 

停滞期が起こるのは、ダイエットによる食事量の減少で身体が栄養を足りなく感じてしまい、飢餓状態になっているからです。

 

簡単に言うと、どんどん減少する食事量に身体の方が合わせてしまい、減少した食事量でも身体を維持できるようコントロールしてしまうんですね。

 

さらに、本来脂肪が身体に吸収される時に満腹中枢を刺激してくれるホルモンが、ダイエット中の脂肪の減少と共に減っていきます。つまり普段より少ない食事量で、しかも食べた量よりさらに空腹を感じるというつらく悲しい現象が起きているわけです。

 

自分の身体の中で勝手にこんなことが起きていては、誰でもリバウンドをして当然という気がしますよね。

 

では、リバウンドをさせないためにはどのようなことに気を付けると良いのでしょうか

 

リバウンドをさせないダイエット3つの法則

ダイエットは長期で計画的に取り組む

リバウンドをするのは短期集中型ダイエットに多いということは書きましたが、その逆をいって長期型のダイエットに変更しましょう。

 

一般的に停滞期が訪れるのは、一気に体重が落ちた時です。1ヶ月に体重の5%以内であれば、身体に栄養が足りないのは気づかせないのです。

 

停滞期をそのまま乗り越える

もし停滞期がきてしまったとしても、体重が減らないからといって、さらに食事量を減らすのは絶対にいけません。

 

身体がますます飢餓状態になっていき、本当の栄養失調になってしまいます。かといって、食事量を増やしてしまうと一気にリバウンドしてしまうので、ここはじっと我慢をしましょう。

 

無理な食事制限だけでなく筋肉をつける

ダイエットといえば食事制限が一番早いと思われています。

 

そして実際にそうなのですが、食事制限だけしていては一生制限を外すことが出来なくなってしまいます。食事量が増えると一気に体重も増えていくため、過度な食事制限は厳禁です。

 

身体に筋肉をつけて基礎代謝を上げ、運動をすることにより痩せやすい体質に変えていくことが重要です。

 

>>痩せづらい時期を知って計画的に効率的なダイエットをする方法

 

まとめ

リバウンドは、ダイエットの方法や期間を考えて、計画的に進めることで防ぐことが出来ます。

 

リバウンドを繰り返していると、筋肉量が減るために身体はどんどん痩せにくくなっていきます。そしてまた、ダイエットをしてリバウンドを繰り返すという悪循環になってしまうのです。

 

ダイエットは長く続く道のりです。しかし、最初から長期戦で挑めば、ゆっくり確実にリバウンドをしない方法で痩せていくことが出来ます。

 

短期集中型を何度も繰り返すのでは、却って遠回りになると思いませんか?

 

自分の身体の状態をしっかりと把握し、無理のない方法で健康的にダイエットをするようにしましょう。

 

痩せづらい時期を知って計画的に効率的なダイエットをする方法

読了までの目安時間:約 6分

 

ダイエットを続けていると、痩せやすい時期と痩せづらい時期があるように思いませんか?

 

停滞期というわけではなく、いつも通りの食事と運動をしているのにいまいち調子が良くない・・そんな時がありますよね。

 

実は、女性の身体にはホルモンの関係により本当に痩せづらい時期というのが存在するのです。

 

そのような時はどうしたら良いでしょう。

 

今回は、身体の痩せづらい時期と痩せやすい時期についてご紹介します。

 

自分の身体の調子を見ながら、効率的にダイエットを進めるようにしましょう。

 

痩せづらい時期って決まっているの?

女性が痩せづらい時期というのは、生理のくるタイミングによります。

 

1番痩せづらい時期は、生理の数日前から生理が終わるまでの期間です。

 

1ヶ月で考えると、痩せづらい時期は結構長く感じますよね。

 

そもそもなぜ生理前から痩せづらくなるのか、そこには女性の身体特有の事情が絡んできます。

 

生理の前には排卵期がありますよね。この期間は妊娠に備えるため、脳は必要な栄養分を蓄えるよう身体に指令を出します。

 

そのため、ダイエットをしたい心に反して、食欲は増進して水分や塩分、脂肪を溜め込みやすい状態になります。身体がむくんでしまったり、便秘になったりしてしまうわけです。

 

女性は太りやすくて当然という気がしてしまいますよね。

 

痩せやすい時期も決まっている?

そんな痩せづらい時期があるなら、痩せやすい時期もあるはずですよね。

 

それが、痩せづらい時期の先にある、生理後から約10日間となります。

 

ダイエットをするなら、まさにこの「痩せ期」を中心に計画を立てるようにします。

 

生理が終わると、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌量が増えます。エストロゲンには妊娠に関わる様々な役割がありますが、ダイエットにも嬉しい性質を持っています。

 

エストロゲンには、デトックス効果と脂肪燃焼を促進させる力があります。そのため、この間に普段より集中的に運動を行うと、高い効果が期待できます。

 

生理も終わって身も心も軽くなっているので、動きやすくもありますよね。

 

10日間でどれだけ結果が出せるかがダイエットに大きな影響を与えます。

 

痩せづらい時期にはどう過ごすのが正解?

それでは、痩せづらい時期にはどのように過ごせば良いのでしょうか?

 

まず覚えておくべきことは「今は痩せない」ということです。

 

痩せないと言ってしまうと語弊がありますが、順調にダイエットをしている時に突然身体がむくんだり食欲が過剰に増えてしまうと、心が折れそうになりませんか?

 

その時期には痩せないと割り切って、心穏やかに痩せ期が訪れるのを待つようにしましょう。

 

だからといって、食欲の赴くままに食事量を増やしたり、だらけて過ごすのはNGです。

 

ウォーキングなどの緩やかな運動を行い、食事量も出来るだけ現状を維持しましょう。

 

ストレッチやヨガなど、身体をじんわりと温めてくれる運動も効果的です。

 

マッサージやツボ押しで、心身共にリラックスをさせ、血行を良くするとさらに良いですね。

 

少ない食事量なのに痩せないと嘆くよりも、痩せづらい時期を太らずに乗り越えたという意識でいる方が良いでしょう。

 

また、生理中には甘いものを好む女性が増えますが、甘いものも完全に遮断してはストレスが溜まってしまいます。ストレスはダイエットにとって大敵なので、量を少なめに食べるのは良いでしょう。

 

洋菓子より和菓子にしてみたり、ドライフルーツやナッツを少量つまむのも良いですね。

 

まとめ

痩せづらい時期と痩せやすい時期が交互に訪れると、ダイエットは少し進んで後退して、と繰り返すことになります。

 

しかし、最初からそのことが分かっていれば対策はいくらでも立てられます。

 

女性である以上、誰もが同じ条件でダイエットをしています。痩せづらい時期も誰にでも訪れるので、自分だけが焦る必要はないのです。

 

ダイエットは時間がかかるものだということを理解し、長期戦で臨むようにしましょう。

 

なかなか痩せづらいと悩んでいるなら 黒汁 (KUROJIRU)を試してみるのもいいですよ。 黒汁 (KUROJIRU)は体をリセットしてダイエットしやすい体へ導いてくれますからね。